×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップへ
デンテツとは?
デンテツの歴史
各駅探訪
車両について
車両付番規則
塗色
昭和8〜40年頃
昭和40年頃〜廃止
(全廃時在籍車)
雪かき車・貨車
系譜
月潟駅について
特設ページ
「デンテツ展」御礼
参考文献
掲示板
ブログ
デンテツリンク
メールください

(全線廃止時在籍車両)

電動客車(モハ)

※日車標準車体NEW!
モハ10形…開業時から在籍
モハ18形…東武からの供出車(元半鋼)
モハ19形U…東武からの供出車(元木製)
モハ20形…寄せ合わせ電車
モハ24形…最後の日車標準車体更新車
モハ2220形…デンテツ最後の入線車両

制御客車(クハ)

※小田急HB車
クハ45形…元小田急HB車

"モハ"や"クハ"って何?

車両の種類を表しています。例えば"モハ"のモは、電動車(モーター付のモ)という意味で、ハは3等車という意味です(3等車とは、今でいう、乗車券だけで乗れる普通車のことです。イロハの順に1等(通常の列車では絶滅)・2等(今のグリーン車)・3等と当てていました)。他にデンテツにあるものを挙げてみると、
・ク…制御車。モーターは無いが運転台がある
・ワ…有蓋貨車。屋根がある。普通は自分で走れないが、モワ51はモがついているので自分で走れる
・ト…無蓋貨車。屋根が無い
・チ…長物車。レールなどを載せる
・フ…緩急車。車掌などを乗せる
・キ…雪かき車。昔は、ラッセル・ロータリー・マックレーなど色々な方式があった
※トラ141など、トの後についているのは、貨物を積める重量を表す記号です。記号なしが13t以下(キ116は30.3tもある貨車だが、1tも積めないので記号なし)、ムが14〜16t、ラが17〜19t、サが20〜24t、キ(雪かき車のキとは違う)は25t以上と、"ムラサキ"になっています。

"モ"と"クモ"について

JR世代の方(私もですが…)だと、「なぜ運転台があるのに"ク"が付かないんだ」と疑問に思われることでしょう。実は国鉄(現JR)も、編成ものの登場前は"ク"があるのはクハだけでした。なぜかというと…当時は、今でいうキハ40系などの気動車のように、電車も編成単位ではなく、1両単位で編成を組まれていました。そのため、どこが先頭になってもちゃんと運転できるように、ほとんどの車両に運転台がついていました。モーターがついていれば運転台があるというのが常識だったわけです。しかし、編成ものの80系の登場(1950(昭和25)年)で、運転台を持たない万年中間のモーター車、中間電動車が発生し、(1959(昭和32)年)の車両称号規程改正の際に、中間電動車をモ、制御電動車をクモと改められたわけです。ただ、当時編成ものとは無縁だったほとんどの中小私鉄は、国鉄にあわせることなく、以前の国鉄称号規定を参考に定めた自社独自の称号を使い続けました(適用車が無かっただけで、実際はクモを定めているところもあったかもしれません)。デンテツもそのクチで、幸い廃止まで中間電動車の流入が無かったため、最期まで自社独自の称号を使い通せました。

形式番号について

モハ11形モハ11のように、番号のほうにもモハやクハをつけるのが正式な書き方ですが、形式と番号の記号が食い違っている事例(例:伊那電気鉄道デ120形デハ124)というのはそう多くはありませんので、通常は番号の記号を省略してモハ11形11と書かれます。当サイトもこれに従います。